EUホタテ輸出解禁について
 平成14年6月21日付で欧州委員会より日本産ホタテのEU向け輸出を解禁するための官報が出されました。
 EUは平成7年4月から日本産ホタテの前面的な輸入禁止措置を行ってきました。これに対し、日本政府はEUの定める衛生要件に適合するよう実施要領および管理体制を整備するとともに、欧州委員会に対し再評価を要請してきました。
 平成13年9月17〜22日に欧州委員会は我が国の指定生産海域、認定加工施設等に対する査察を行い、その結果、EUの定める要件を満たしているとして、平成14年6月21日付EU官報において、日本産冷凍ホタテ貝の輸入再開を認める旨、公表しました。(なお、解禁日は6月24日とされた。)
 今後、厚生労働省が定める基準に基づき都道府県知事等が指定する海域で生産され、かつ都道府県知事等が認定する加工場で処理された冷凍ホタテ貝について、欧州委員会の確認を経てEU域内への輸出が可能となります。
もどる